人と緑の調和を彩る。我われは、自然との共生を基本に、人々の心をいやす緑空間の創造に貢献します。

匠の庭

静寂な庭

お客様が長年の歳月の中で育み手入れしてこられた樹木や庭石を利用しつつ、幹線道路に面した騒音の多い立地条件の中で「四季を感じられる静寂な庭」を求めるお客様のご希望に沿うよう、築山や塀沿いに混植した樹木により振動騒音の低減をはかった。その空間を活かした“水琴窟”(※)が奏でる水琴音は静けさの証であり、癒しの主役である。※ 水琴窟(すいきんくつ)-日本庭園の技法の一つ。底に小さな穴のあいた甕(かめ)等を逆さにした状態で地中に埋め込み、内部に一定の水がたまる構造になっている。穴から落ちた水滴が発する反響音を庭園内で楽しむもの。